• shopping cart
【お休みのおしらせ】誠に勝手ながら、ノロの新しい本の執筆に集中させて頂くためにお休みを頂戴しています。なお、写真集【NOROJOURNEY Photos 2001-2021】は三軒茶屋にあるキャッツミャウブックスさんにてお取り扱い頂いております(catsmeowbooks.stores.jp)ので、ぜひご利用ください。ご不便をおかけしますが、ご理解頂ければ幸いです。

読みもの

2022/04/22 12:01

こんにちは。

おうちの人(かずえ)です。


ノロは16歳になった頃から、おしゃべりをするようになりました。


「なーお!(ごはんちょうだい!)」

「んなーんなー(ねえ、ねえ)」

「なぁ〜、んなぁ〜(おふろでお湯が飲みたい)」

「んなーーお!!(おさんぽ行きたい!)」


という具合でして、どちらかと言うと「こうして欲しい」という意思表示のようでした。


それまでもノロなりの意思表示はありましたが、黙って空のごはんトレイの前に座るとか、扉の前にじっと佇むとか行動で示す系のもの。

鳴いて示す系の意思表示をするようになったノロは、もはや自分のことを猫だとは思っていないかのごとく、まるで私たちに話しかけているようでした。


おしゃべりの様子はこちらをどうぞ。

https://www.youtube.com/shorts/KqjexqkTaKY


https://www.youtube.com/shorts/0rv1wCJJs-c


ノロが独特だったのは猫っぽく「にゃあ〜」と鳴けないところ。

なぁ〜」と訴える姿がかわいらしくて、思わず言うことを聞いてしまいます。

もとはそんなに鳴かない大人しい子でしたが、年を重ねるごとに心の声が漏れるようになったのか、「ノロ!」と呼ぶと素の顔で「ん?」と返事をしてくれたり。

家の中での呼び名は「ノロ」「ノンタコ」「ノンちゃ」と様々でしたが、自分のことを呼んでいるのは分かっているようで、たまにふざけて「トム!」と呼んだりしても、全く相手にしてくれませんでした。


長く一緒に生活をしていると、同じ「なぁ〜」でも何となく意味の違いが分かるようになります

『意思表示をすると、おうちの人はボクの言うことを聞いてくれる』── 想像力を膨らませて、ノロの要求を叶えるということの積み重ねは、やがて強い信頼関係となって、私たちの旅や暮らしを楽しいものにしてくれました。

NOROSHOP
〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240-5870
TEL: 090-9153-0503
E-mail:shop [at] noroshop.jp

メールマガジンを受け取る